脱毛で肌トラブルを防ぐため、知っておきたい注意点

脚を気にする女性

脱毛をしたいと考えている人は多くいます。しかし、施術を受ける時にはいくつかの注意点があり、中には脱毛を受けられない人もいるのです。より安全に脱毛を行うために、しっかりと知識をつけておくことが大切です。
そこで、今回は、脱毛が受けられない人はどのような人なのかという点や肌トラブルを避ける方法などについて解説していきます。

日焼けすると脱毛できない?

日焼けをしてしまうと、施術を断られてしまうことがあります。その理由を見ていきましょう。

脱毛効果が出にくい

レーザー脱毛では、メラニンという黒い色素に反応して、レーザーを照射します。しかし、日焼けをして肌が黒くなってしまうと、その日焼けを下部分にもレーザーが反応してしまうため、力が分散されてしまうのです。これはレーザー脱毛だけでなく、光脱毛でも同じです。

痛み、肌トラブルを引き起こす可能性がある

上記のように、日焼けをしてしまうと本来照射されなくてもいい部分にも、レーザーが反応してしまいます。そのため通常よりも痛みが強くなってしまうことがあるのです。

さらに、日焼けをした状態で脱毛を受けると、シミや肌荒れの原因になってしまう可能性もあるのです。多少の日焼けなら大丈夫だと考えてしまう人もいますが、基本的に、自分の本来の肌の色よりも濃い色になってしまっている場合は、施術を断られるケースが多いです。

人によっては、日焼けをすると肌が赤くなるという人もいますが、黒くなっていなくても日焼けをしていると施術が受けられないことが多いです。そのため、脱毛を行っている時は、しっかり日焼け対策をしましょう

日焼けをしてしまうと、場合によっては施術を一時中断しなくてはならなくなってしまうこともあり、脱毛期間が長くなってしまったり追加で料金がかかってしまうこともあるため、注意が必要です。もし施術期間中に日焼けをしてしまった場合には、すぐに医師に相談することが大事です。

脱毛を受ける前にしておくこと

事前に剃っておく

脱毛を行うには、事前に脱毛する部位の毛を剃っておく必要があります。毛の処理を行わないと火傷などの危険性があるため、注意が必要です。毛の処理については、サロンやクリニックで、あらかじめ期間が定められていることが多いです。

サロンによって異なるため、いつまでに処理を済ませて置けばいいか確認しておきましょう。敏感肌の人は、処理をする際にも慎重に行う必要があります。カミソリ負けをしてしまって、赤くなってしまったり、かぶれてしまうことがあるからです。このような状態で施術を受けることは、肌トラブルを悪化させてしまうことがあるため、おすすめできません。

毛の処理をした後には、肌の保湿をしっかりと行うことが大事になってきます。

絶対に避けるべきなのは、毛抜きで処理をしてしまうこと。毛を抜いてしまうと、毛根も一緒になくなってしまいます。脱毛では、毛根にレーザーや光を照射するため、毛根がなくなっている状態で施術を受けても、効果が得られない場合があるのです。

剃り残し、自分では処理できない場合

剃り残しや、毛の処理を忘れてしまった場合、もしくは自分では処理できない毛の場合には、サロンやクリニックが処理を行ってくれる場合もあります。しかし、脱毛費用とは別に料金がかかってしまうことがあるため、事前に確認をしておきましょう。

自分で毛の処理をすることに不安がある人の場合には、サロンやクリニックで行うことで、比較的安心して任せることができます。

妊娠中でも脱毛は受けられる?

妊娠中の場合、基本的に施術を断られてしまうことが多いです。この理由は、胎児に影響が出るからではありません。妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなっているため、脱毛を受けてしまうと、肌トラブルの原因となります。また、痛みを強く感じてしまうこともあるため、妊娠中の脱毛はおすすめできません。

肌トラブルを招くセルフ脱毛

家庭用脱毛器などを使うことで、自分でも脱毛することは可能ですが、妊娠中の場合はおすすめできません。素人が自分で脱毛をすることで、肌トラブルになりやすかったり、痛みが増したりすることもあるため、妊娠中は控えましょう。妊娠中の脱毛で肌トラブルを引き起こしてしまうと、シミの原因になってしまうこともあるため注意が必要です。

仮に、施術中に妊娠が発覚した場合には、できるだけ早く医師に相談をしてください。安全を考えるのなら、妊娠中は脱毛をするのではなく毛を剃って処理するのが無難でしょう。

授乳中なら大丈夫?

授乳中の場合も、妊娠中の場合と同様に、施術を断られてしまうことが多いです。妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなっていることを説明しましたが、ホルモンバランスは産後すぐには安定せず、授乳中でも乱れやすくなっているのです。ホルモンバランスが乱れて肌が敏感になっている時に脱毛をすると、肌トラブルにつながるリスクが高いため、断られてしまうことが多いのです。

中には授乳中ということを隠して脱毛を行う人もいますが、これもおすすめできません。授乳中は、体毛が濃くなってしまうこともありますが、一時的である場合が多いためさほど気にする必要はありません。ただし、授乳中でも条件付きで脱毛ができるサロンやクリニックもあります。

産後に生理が1度でも来ていれば施術が受けられる場合や、部位によっては施術可能である場合などがあります。ただし、授乳中の場合には、脱毛を受ける前に医師の診断を受け、脱毛を行っても問題ないかを確認しておくことが大事です。どうしても授乳中に脱毛をしたい場合には、クリニックやサロンに確認を取ってみることをおすすめします。

アトピーや敏感肌でも脱毛できる?

アトピーや敏感肌の人でも脱毛の施術を受けることはできますが、肌の状態が安定している時に脱毛をすることが大事です。脱毛をすると肌が乾燥しやすくなってしまうため、アトピーの症状が悪化してしまったり、肌トラブルに繋がってしまう可能性があるのです。そのため、脱毛を受ける前に専門医の診断を受けておくことがおすすめです。

さらに、脱毛をする前から保湿などの肌のケアをしっかりと行うことも大事になってきます。アトピーや敏感肌の人は、肌への負担が比較的少ない方法で脱毛をすることが大事です。

脱毛器にもさまざまな種類があり、脱毛方法もレーザー脱毛や光脱毛などがありますので、専門の知識を持った医師やエステティシャンのアドバイスを受けながら、自分に合った脱毛方法を選ぶようにしてください。また、施術中に少しでも肌の異常を感じたらすぐに医師に申し出ることが重要です。

脱毛を受ける前にしっかり注意点を確認

場合によっては、脱毛の施術を受けられないことがあります。

妊娠中や授乳中の場合には、ホルモンバランスが乱れやすくなっているため、できるだけ施術を控えることをおすすめします。アトピーや敏感肌の人は、できるだけ肌への負担が少ない方法で脱毛をすることが重要です。医師のアドバイスを受けながら、自分にあった方法で脱毛を行いましょう。そして、脱毛をする場合は日焼け対策を行っておくことが必要です。

脱毛サロン契約時に気を付けることについては、『脱毛を契約する前に!ここをチェックしておけば失敗無し』もぜひお読みください。