施術前と後の自宅でのケアの方法とは?

脱毛施術前にもお肌の保湿が必要な理由

近年は、ムダ毛を自己処理するのも良いと思いますが、専門の脱毛サロンに任せる方が増えています。プロ方の手による脱毛のほうが自己処理するのに比べて、当然仕上がりも良く、長もちするのではないでしょうか?

せっかく手に入れた”つるっと”した生まれたてのようなお肌はそのまま維持したいところですよね。ですが、脱毛後のお肌は、乾燥しやすいので十分な保湿ケアがとても重要です。本当は、脱毛前のお肌も保湿ケアが必要だってこと、知っている方は少ないかもしれません。

レーザー施術後のお肌は、簡単に言えば軽いやけど状態のようなものですね。毛根をレーザーで熱処理するのですから、お肌の水分が奪われるのはある程度しかたのないことですが、施術後に十分な保湿ケアをしてあげれば大丈夫なので、過剰に心配する必要はありません。

施術後の保湿ケアが大切なのはわかりますが、「脱毛前」のお肌の保湿は、そんなに大切なのでしょうか?実は施術の前にも保湿ケアをしておいたほうが良いのです。

施術前に必要なケアの理由とは?

  1. 脱毛の効果を最大にするためには、まず、脱毛前に肌が乾燥しているとレーザーが毛根に届きにくくなすために、脱毛効果が落ちてしまいます。厳しいサロンだと、その状態で施術をお願いしても、効果が出ない場合があるため、施術を断られるケースもあるのだそうです
  2. 肌の痛みを小さくしたいと考えたときに、肌が乾燥した状態のままでレーザー脱毛術を受けた場合と、前もって保湿を十分にした場合と比べてると、やはり、乾燥した状態のほうが痛みが強く感じられることがあるのだそうです。

事前のカウンセリングで確認をすることがとても需要です。エステサロンから、施術前後の保湿ケアについての説明や指導があると思いますので、それに従って、安心して”つるっと”お肌を手に入れてくださいね。

脱毛施術した日のお風呂やシャワーは大丈夫?

まず結論から言うと、エステ脱毛施術をした当日の入浴はシャワーのみにした方がいいでしょう。

どのエステサロンでも脱毛した当日にお風呂に入ることは避けるように指示されますし、脱毛クリニックの注意事項にも記載がある場合が多いです。脱毛施術当日はシャワーのみ、毎日お風呂に入っているので、入らないと気持ち悪いという人でも、シャワーで汗を流す程度にしておいて下さい。その理由は、脱毛をすると肌に負担がかかります。とくに施術した日は控えて下さい。

最近では肌へのダメージを極力抑えている脱毛方法を取り入れていますが、それでも完全に肌へのダメージをなくすことは出来ません。ですから、脱毛後の肌は非常にデリケートで、少し刺激を与えるだけで炎症、痒みなどの症状が出てしまいます。

お風呂に入ってはいけない理由とは?

特に脱毛施術当日にお風呂に入ってはいけない理由としては、お風呂に入ると体が温まり、体温が上がることで肌がピリピリした状態となり痒くなることがあります。更に痒いからと掻き毟ったり、擦ったりして肌を傷つける恐れがあります。

脱毛後に保冷剤で肌をクールダウンするのは、肌の表面を鎮静させ痒みや赤みを抑えるためです。ですから、お風呂に浸かるのは絶対にNGと言えます。

水もしくはぬるめのシャワーなら使用することをおすすめします。ただし、体を洗う際にはゴシゴシ擦らず、手で泡を転がす様に洗うようにして下さい。基本として気をつけるのは当日のみで、翌日以降は普段通りお風呂に入ることが可能です。ですが、翌日以降も赤み、腫れ、痒みが引かない時は数日シャワーだけにしておくほうがよいでしょう。