レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の比較、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いって何?

  • 2022年11月24日
  • 2022年12月24日
  • 脱毛方法
  • View
  • 0件

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛を比較

エステサロンなどでの脱毛を考えるとき、どの脱毛方法にするか選ぶ必要があります。特にメインとなって行われるレーザー脱毛とフラッシュ脱毛では、施術される場所も異なりますので、カウンセリングを申し込む前に、しっかりと比較検討しておきたいですよね。

この記事では、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて、まとめています。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の大きな違いは、レーザー脱毛は医療行為なのでクリニックでしかできませんが、フラッシュ脱毛は医療行為ではないので、エステサロンできるのが大きな違いと言えます。また、フラッシュ脱毛は広範囲で脱毛を促すことができますが、レーザー脱毛の場合は、一部分の脱毛しかできません。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、特殊な光を照射して脱毛処理を行う施術方法で、光が黒い色素に反応する特性を利用して、毛根にダメージを与える方法です。

2つの脱毛方法の違いは、脱毛するときの光の波長

レーザー脱毛の波長は単一の波長で強い光を当てることに対し、フラッシュ脱毛の波長は複数の波長を広範囲で照射する仕組みです。

フラッシュ脱毛(光脱毛)についてフラッシュ脱毛はサロンによって呼び名が違い「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」などと呼ばれます。IPL(インテンスパルスライト)などの機器を使って光を照射し、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激して脱毛を促す仕組みです。

フラッシュ脱毛(光脱毛)は、レーザー脱毛に比べて出力が弱いため肌に優しい、痛みが少ないというのが特徴と言われています。

対象となる毛には「成長期」「退行期」「休止期」という毛周期というサイクルがあり,毛が生えてくる成長期に行うため、2~3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。これを約1~2年繰り返し、施術が完了するため、1年以上の時間がかかってしまいますが、光の出力が弱いので、肌への影響や痛みを感じることなく施術できるのがフラッシュ脱毛のメリットと言えます。

レーザー脱毛に比べると、フラッシュ脱毛の光は弱いので、研修を終えたエステティシャンならば誰でも行うことができます。

一方、レーザー脱毛はダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを用いた脱毛方法です。

フラッシュ脱毛が幅広い波長の光を使うのに対し、単一の波長のレーザーを用いるためにフラッシュ脱毛よりも出力が高いため痛みを感じることがありますが、クリニックでは麻酔クリームを事前に塗ることで、痛みを軽減させています。

また、レーザー脱毛を使うためには医療従事者でないと使うことができないために、基本的には病院で施術をすることになります。

レーザー脱毛は火傷の可能性があり?

レーザー脱毛の場合は、光の出力が強いため、短期間で(5回から6回ほど)クリニックに通うと脱毛できるのですが、痛みや肌への影響がでてくるケースもあります。痛みの感じ方の違いなのかもしれませんが、レーザー脱毛は日焼けをしている人は、医師から断られる可能性があるそうです。

理由は、レーザー脱毛の強い光を当ててしまうと火傷をしてしまう可能性があるからだそうです。また、光脱毛と違い、光が強い分、痛みを感じることが多いと言われています。痛みの感じかたは人それぞれで、痛みを感じない人もいますし、チクチクヒリヒリした痛みを感じる人もいます。しかし、激痛で耐えることができないというほどの痛みではないです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、どっちを選ぶべき?

以上のように、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛のメカニズムはよく似ていますが、若干の違いがあります。レーザー脱毛は比較的痛みを感じる人が多く、フラッシュ脱毛は痛みが少ないことが大きな違いです。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人はフラッシュ脱毛を選ぶ方が良いかもしれません。

また、レーザー脱毛は一般的にフラッシュ脱毛よりも費用が高くつくことが多かったのですが、最近は医療脱毛で行われるレーザー脱毛でも安いコースが設定されているところが出てきています。

効果の面からみても、レーザー脱毛の方が脱毛効果が高いといわれますが、脱毛後にまた毛が生えてくるのもレーザーの方が少ない、もしくは頻度が低いといわれていますので、多少脱毛費用が高くても結果的にはお得になるケースがあります。

レーザー脱毛かフラッシュ脱毛か、決めかねている人は、両方のコースそれぞれにカウンセリングや無料体験を受けてみるというのもおすすめですよ。